個人型確定拠出年金 2018年3月の積み立て投資まとめ

将来の年金対策としてSBI証券で個人型確定拠出年金(愛称イデコ)を利用しています。

 

投資しているファンドは主に低コストのインデックスファンド(EXE-i(エグゼアイ)シリーズやDCニッセイ外国株式ファンドなど)を利用しています。2018年3月分の積立投資を実施しました。

 

スポンサードリンク

SBI証券 個人型確定拠出年金ポートフォリオ 2018年3月末時点

2018年3月の積立を実施したは金融商品は以下の5つとなっています。

 

SBI証券で確定拠出年金!2018年3月分の積立投資を実施

 

DCニッセイ外国株式ファンド

 

EXE-i 新興国株式ファンド

 

EXE-i グローバル中小型株式ファンド

 

EXE-i グローバルREITファンド

 

スルガスーパー定期1年

 

SBI証券のイデコが2017年5月19日から口座加入時や移換時、運営管理機関変更時に掛かる手数料及び口座管理手数料がすべて条件なしで無料化されました。選択できるファンドの豊富さや手数料といったコストなどでますますおすすめできるサービスとなっています。

 

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

 

 

引き続き掛金MAXで積立実施中です。今月は株式市場が下落したところで積み立て投資を実施。

 

引き続き現金比率が高止まりをしているので今月から掛金と同額の金額を積み立てることにしました。これで現金比率は徐々に下がっていくものと思われます。

 

 

最強の積立投資「バリュー平均法」で効率良く資産運用

 

積み立てはバリュー平均法を使っています。バリュー平均法についてはこちらの書籍に詳しく解説されています。

 

 

 

最終的には現金比率は5〜8%程度にとどまるようにしていきたいです。

 

 




SBI証券iDeCo(イデコ)2018年3月分の積立投資関連ページ

SBI証券iDeCo(イデコ)2018年6月分の積立投資
SBI証券iDeCo(イデコ)2018年9月分の積立投資