今の時代、本当に収入源は1つで大丈夫なのか?

明細書

現在、私たち日本人を取り巻く労働環境は劇的に変化をしています。

 

 「終身雇用の崩壊」「早期退職や人員削減などによるリストラ」「給与カット」「増税」「年金支給年齢の引き上げ」「年金の世代間不公平」「医療費負担の引き上げ」など不安を挙げたらきりがありません。

 

必死に「安定」というものにしがみ付こうとしても、ますます「不安定」になるばかり・・・。いや、そもそも「安定」なんてものはもう存在していないのかもしれません。

 

親と同じことをしても楽にはならない

専門家の間では、「もはや、会社の寿命は10年を切り、3年という時代に突入した」との見解も出てきています。

 

残念ながら、親の世代と同じようなことをしても、安心して暮らせる時代ではなくなってしまいました。

 

今後は、正規雇用もドンドンと減っていき、多くの人が派遣社員や契約社員、フリーランスとして働く時代が現実としてやってこようとしています。また、ロボットやAIなどの技術の進歩により特定の分野においては物凄いスピードで仕事が自動化されつつあります。

 

会社も国も頼りに出来ないなら、自分でやるしかありません。もはや、「リスクを取らないことこそ、もっとも大きなリスクになる」と考えた方が無難です。

 

スポンサードリンク

お金にも働いてもらうという考え方

会社員や事業などで労働収入を確保しつつも、「株」「ファンド」「不動産」「FX」「商品」「海外ファンド(ヘッジファンド・オフショアファンド)」「ソーシャルレンディング」など様々な金融商品を賢く利用してお金を稼ぐ方法も身につけておくべきでしょう。

 

 

若いうちから、お金に働いてもらう方法を学んで経済的にも精神的にも余裕を持って生活できるようになったら良いと思いませんか?

 

@shinnosuke_aimは、このままずっと将来に不安を抱えたまま過ごすくらいなら、勇気を出して一歩を踏み出してみようと決心しました。

 

幸いにも20代や30代であれば、資産全体に占める人的資本(働くという価値)の比率が圧倒的に高くなります。1度や2度失敗しても、いくらでもやり直すことができます。

 

むしろ、早いうちに小さな失敗はたくさん経験しておくべきだと考えてます。

 

 

短期的な利益にこだわらず長期的な視野を持ちならがら、悔いのないようにやっていきたいと思います。

2016年7月の月間人気記事ランキング

臆病者のための自分年金の2016年7月における月間の人気記事をまとめてみました。(Google Analytics調べ)

 

気になる記事があったらぜひチェックしてみて下さいね。

 

 

 

スポンサードリンク

免責事項

本サイトで紹介している情報には万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。

 

本サイトの内容や情報によって生じたいかなる損害やトラブルについて、本サイト及び管理者はいかなる責任も負いません。

 

投資の決定は、必ずあなた自身の判断でお願いします。