クラウドファンディングとは?

クラウドファンディング(CrowdFunding)という言葉をご存知でしょうか?

 

クラウドファンディングは、群衆(Crowd)と資金調達(Funding)を組み合わせた造語のことで、事業の運営資金や製品を開発するための資金をインターネットを活用して不特定多数の人から資金の出資や協力を募ることを目的としています。

 

クラウドファンディングという手法はアメリカなどでさかんに行われていて、「Kickstarter(キックスターター)」や「Indiegogo(インディゴーゴー)」、「Lending Club(レンディングクラブ)」などが有名です。

 

クラウドファンディングは大きく分類するとサービスや商品を見返りとした応援資金を目的とした「購入型」、毎月の配当を目的とした投資色の強い「融資型」の2つに分かれます。

 

本サイトでは、融資を目的としたクラウドファンティング(別名:ソーシャルレンディングともいう)にフォーカスして紹介していきたいと思います。私が実際に利用しているのも融資型のクラウドファンティングになります。

 

※以降は、融資型クラウドファンティングのことをソーシャルレンディングと呼びます。

 

スポンサードリンク

日本におけるソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは個人間融資やP2P融資などとも呼ばれていて、お金を借りたい人(ボロワー、借り手)とお金を貸したい人(レンダー、投資家)をネット上でマッチングさせる金融の仲介サービスとなっています。

 

欧米などではいち早くサービスが開始されていて、その市長規模は年々増加傾向にあります。

 

日本においても2008年からmaneo(マネオ)がサービスを開始したのを初めとして、2009年にAQUSH(アクシュ)、2011年にはSBIグループであるSBIソーシャルレンディングなどがサービスを提供しています。

 

ソーシャルレンディングを運営するには貸金業として登録が必要になります。また、匿名組合出資契約の形で募集するためには金融商品取引業の登録も必要となります。

 

ソーシャルレンディングの種類

ソーシャルレンディングは大きく分けると「オークション型」と「マーケット型」に分類することができます。

 

「オークション型」はSNSなどを利用して、借りたい人と投資家を結びつけます。この場合は、安い金利を提示した貸し手から融資が決定することになります。

 

貸し手の人数によって金利が左右され、貸し手が多ければ借り手の金利は低くなり、貸し手が少ない場合には金利が高くなる傾向になります。

 

「マーケット型」の場合、借り手の融資依頼に応じてソーシャルレンディングを運営する会社が独自に審査を行います。借り手の信用情報を基にして融資の判断および金利・期間などを決定します。

 

と同時に運営会社はお金を貸したい人の募集及び投資資金をまとめ、お金を借りたい人とお金を貸したい人を仲介します。

 

日本で提供されているソーシャルレンディングでは、後者の「マーケット型」が主流となっています。

 

スポンサードリンク

クラウドファンディング・ソーシャルレンディングで始めるインカムゲイン投資記事一覧

ソーシャルレンディングには「貸し手」「借り手」という立場が存在します。ここでは貸し手である投資家の立場からみたソーシャルレンディングのメリットとデメリットについてまとめてみたいと思います。実際に投資する前には、メリットとデメリットをよく検討してから投資したいものです。
ソーシャルレンディング(融資/投資型/貸付型クラウドファンディング)を利用する際に検討しておきたいサービスをいくつか紹介したいと思います。ここでは、私も実際に利用している「maneo(マネオ)」「SBIソーシャルレンディング」「クラウドバンク(Crowd Bank)」の3つサービスをピックアップして取り上げます。
maneo(マネオ)は2008年10月からサービスを開始した業界最大手のサービスで、日本で初めてソーシャルレンディングを提供したことでも知られています。2016年7月時点での登録会員数は34,117人、成立したローンの総額は490億円を超えていて、名実ともにソーシャルレンディング(融資・貸付型クラウドファンディング)業界No.1となっています。サービス開始日2008年10月貸付総額490億9,82...
SBIソーシャルレンディングは2011年3月から融資・貸付型クラウドファンディングを提供しているサービスです。SBIという名前が付いていることからも分かるように、SBI証券や住信SBIネット銀行、SBI損保などを傘下にもつSBIグループの一員でもあります。2016年6月時点で成立したローンの総額は127億6724万円となっており、私が調べた限りではソーシャルレンディング業界No.2の実績となってい...
クラウドバンク(Crowd Bank)は2013年12月から開始した比較的新しいソーシャルレンディングサービスです。運営している日本クラウド証券は、第一種金融商品取引業者として、初めて日本で投資家型クラウドファンディング取り扱ったことでも知られています。成立したローンの総額は70億円を超えていて、maneoやSBIソーシャルレンディングに次ぐ第三勢力として、ラッキーバンク(Luckybank)など...
2013年に行ったソーシャルレンディング・個人間金融の運用結果を公開しています。ちなみに、ソーシャルレンディングへの投資は2011年からスタート。2013年1月1日時点での資産残高は134,920円となっています。現在利用しているのは「maneo(マネオ)」「AQUSH(アクシュ)」「SBIソーシャルレンディング」の3社。集中投資を避けるため、仲介会社と投資案件はなるべく分散するように心がけていま...
2014年に行ったソーシャルレンディング・個人間金融の運用結果を公開しています。ちなみに、ソーシャルレンディングへの投資は2011年からスタート。2014年1月1日時点での資産残高は1,013,503円となっています。現在利用しているのは「maneo(マネオ)」「AQUSH(アクシュ)」「SBIソーシャルレンディング」の3社。集中投資を避けるため、仲介会社と投資案件はなるべく分散するように心がけて...
2015年に行ったソーシャルレンディング・個人間金融の運用結果を公開しています。ちなみに、ソーシャルレンディングへの投資は2011年からスタート。2015年1月1日時点での資産残高は4,584,400円となっています。現在利用しているのは「maneo(マネオ)」「AQUSH(アクシュ)」「SBIソーシャルレンディング」「クラウドバンク」の4社。集中投資を避けるため、仲介会社と投資案件はなるべく分散...
2016年に行ったソーシャルレンディング・個人間金融の運用結果を公開しています。ちなみに、ソーシャルレンディングへの投資は2011年から行っていて、2016年1月1日時点での資産資産は5,552,512円でスタートしています。現在利用しているのは「maneo(マネオ)」「AQUSH(アクシュ)」「SBIソーシャルレンディング」「クラウドバンク」の4社。集中投資を避けるため、仲介会社と投資案件はなる...
2017年に行ったソーシャルレンディング・個人間金融の運用結果を公開しています。ちなみに、ソーシャルレンディングへの投資は2011年から行っていて、2017年1月1日時点での資産資産は10,138,900円でスタートしています。現在利用しているのは「maneo(マネオ)」「AQUSH(アクシュ)」「SBIソーシャルレンディング」「クラウドバンク」の4社。集中投資を避けるため、仲介会社と投資案件はな...