年金生活は言われているほどお金は必要ない?

以前書いたこちらの総務省 統計局「家計調査報告(家計収支編)」の結果を確認してみると、老後もかなりお金がかかるもんだな〜と感じていました。

 

自分年金が必要な理由|臆病者のための自分年金

 

 

ただ、中町 敏矢(著)「あんしん・お気楽!年金15万円のゴージャス生活」という本を読んでみてから少し考え方が変わってきました。

 

スポンサードリンク

夫婦で年金15万円でも無理なく生活できる!

この本は実際の月額15万円の年金受給者によって書かれています。

 

15万円という老後の平均支出はおよそ24万円より9万円も低いことになります。

 

 

 

夫婦2人でどのように15万円を使っているのかが書かれていたのですが、固定費をいかにして減らすのかに力を入れているように感じました。

 

 

具体的に言うと、住宅は市営住宅を活用。光熱費を抑えるために、食器洗い乾燥機や節水型洗濯機などのエコ家電の導入するなどが紹介されています。

 

また、ネット銀行の活用や公共施設の活用など、使えるものは何でも使うという積極的な姿勢も印象的でしたね。

 

2人で15万円というとかなりキツキツなイメージがありましたが、工夫しだいでは結構ゴージャスな生活を堪能できることがわかりました。

 

その他にも葬儀費用を0円にする方法や、高額医療費制度のうまい使い方など参考になることも多く掲載されています。

 

本を出版するような人なので、年金以外にも収入がありそうな感じですが、参考にできることは積極的に活用するべきだと思いました。

 

将来のことは誰にも分かりませんが、この本に書かれているような生活でも問題ないという人は意外と老後資金を心配する必要はないのかもしれませんよ。

 

実録!年金15万円でストレスなく生活する方法関連ページ

8割強の人が老後の生活が不安だと感じている
グローバル年金指数ランキング